LOG IN

悲しい魔法使い

by 郷木 鳥夢

 彼は、見事な術を使ってみせました。

 空にある雲の味が知りたいと言えば、のばした指先で綿菓子を引っ張るように、ひとつかみ取ってくれましたし、「歩くのが面倒だ」と言った時などは、まるで絨毯をくるくると巻くように、帰り道を短くしてくれたりするのです。

 私は距離の縮んだ帰り道を歩きながら、ちぎって渡された雲を食べてみました。雲は空想と違って、遠く微かにクレソンに似た香りがしただけでした。

 彼は隣を歩きながら、煙草を取り出して、それをくわえ、それからいくつかのポケットへ、手をぱたぱたっとやりました。

「ねえ君、火をお持ちじゃありませんか?」

 一度くわえた煙草を離した彼が、私にたずねました。

 私が首を横に振ると、彼は煙草をポケットに戻し、何の色もついていない息をふぅっと、長く吐いてから、こう言いました。

「あなたがもしぼくに、火がほしいって望んだとしたら、ぼくは、昼なら太陽の輪郭から、夜なら恒星の瞬きから火を取って、ぽっと点けてあげられるんだがね」

 空では少し角のちぎれた雲が、速い風に乗って形を変えていくところでした。

 彼は、ポケットの中に戻した煙草の箱を収まりのいいように直し、それから胸のポケットのボタンをきちんと掛けました。

「なぜ自分の魔法でやらないのですか?」

 私は不思議に思って、彼にきいてみました。

「ぼくが?なぜってね……そりゃあね……まあ……」

 彼は、自分でもちょっと困ったというような表情を浮かべて、それから、

「渡し守はね、その船で旅に出たりはしないのですよ。人を渡すことが仕事でね」と、ぽつり、ひとりごとのようなことを言いました。そして、

「とにかくだね、人というものはね、自分がして欲しいと想像できることだけを、唯一他人にできるものなんですよ」

 そう、対岸でも見遣るような遠い目をして言ったのです。

 そこで私は、煙草に火を点けてもらいたい瞬間の気持ちというものを想像しながら、彼の煙草に火を点けることができないかと試みました。けれども煙草を吸わない私には、はじめから無理な話でした。

 彼は、小さく笑って、「お気持ちだけでもいただきましたよ」と、そう言い残し、先ほど絨毯を丸めるようにして縮めてくれた道を、びゅん、と元に戻しながら、その道のしっぽに乗って「あっ」という間に遠く遠く去って行ってしまったのです。

OTHER SNAPS